Moodleでの特殊文字の入力

文字飾り

Moodleの小テスト問題では、問題文や全般フィードバックなどに、HTMLのタグやCSSによる文字修飾を行うことができます。

例  下付き <sub>2</sub>   赤色 <span style="color:#FF0000 ;">赤</span>

Kimootonを利用する場合は、オプションの「フォントスタイルの変換」を有効にして実行することにより、 XMLファイルに変換する際に、Word文書での文字飾りをMoodleでのCSSによるスタイルの指定に自動的に変換します。
下付き、上付き、斜体、太字、下線、取り消し線、文字の色に対応しています。

Unicodeの上付き・下付き文字

Moodleの小テスト問題の個別フィードバック、穴埋め問題の空欄部、組み合わせ問題の選択肢などでは、 シンプル・テキスト以外は使用できないため、HTMLのタグやCSSによる文字修飾を利用することができません。

ユニコードの特殊文字を利用することにより、上付き・下付き文字(の一部)を表示することができます。

例  下付きi    &#7522;  上付き1    &#185;

詳細は、Unicode Entity Codes for MathSuperscript and Subscriptなどを参照してください。

HTMLの特殊文字

HTMLで定義されている特殊な文字を、「&キーワード;」または、「&#番号;」のように指定して入力することができます。

MoodleのHTMLエディターを使用している場合は、文字を入力すると自動的に変換されます。

詳細は、下記のリンク先の情報を参照してください。

  1. HTML特殊文字リファレンス
  2. HTML-特殊文字

Unicodeの特殊文字

Unicodeで定義されている特殊な文字を、「&#番号;」のように指定して入力することができます。 キーボードから入力できる場合はそのまま入力してください。

例  ≧    &#8807;   ⑧    &#9319;

詳細は、下記のリンク先の情報を参照してください。

  1. Unicode Entity Codes for Math
  2. CyberLibrarian - 参考資料 - Unicode
  3. 特殊文字 Unicode一覧

戻る